学校法人 鶴学園 広島工業大学

工学で、救えるいのちがある。

工学×医療

「ものづくりや工学が好き」
という気持ちはあるけれど、将来どのように身につけた技術を活かしたいのかは分からない。
そんなあなたに知ってほしいのが、
工学の技術で医療に貢献する
「臨床工学技士」の仕事。
医療機器の専門家として、
いのちを支えるエンジニアです。

電気・電子×医療

「電気・電子」の知識と技術を持ち、医療機器の仕組みや動作原理を理解することが、危険の予知や原因不明のトラブルに対応する力になります。

心電図用の増幅回路にも、電気・電子の技術。

心電図用の増幅回路にも、電気・電子の技術。

機械×医療

先端技術を応用した機器をメンテナンスできる「機械」の技術を身につけて、医療機器の信頼性を維持する、命にかかわる重要な仕事です。

血液透析機器の調整も、臨床工学技士の仕事。

血液透析機器の調整も、臨床工学技士の仕事。

情報×医療

情報の技術を使い、さまざまな病状の患者を模したシミュレーターを独自に作成することで、勘や経験に頼らない、安全な医療に貢献できます。

人工呼吸器のシミュレーターを独自に作成。

人工呼吸器のシミュレーターを独自に作成。

“臨床工学技士”とは…

医師の指示のもと、生命維持管理装置などの操作を行うとともに、医療現場のさまざまな機器の保守点検・管理を行います。工学と医療の知識・技術で、患者さんを支える、医療機器の専門職です。

臨床工学技士が扱う機器の例

操作・管理人工心肺装置

心臓外科手術などで、患者さんの心臓・肺の機能を肩代わりする医療機器。状況に合わせた高度な操作が必要です。

操作・管理血液透析機器

腎不全などの患者さんに対して、血液中の老廃物を取り除くための機器。患者さんと直接かかわる業務です。

操作・管理人工呼吸器

肺の機能が低下した患者さんの呼吸を代行する機器。使用中の装置に異常がないか、確認・点検も行います。

操作・管理植込み型ペースメーカー

心臓の動きを読み取り、電気刺激で速度を調整する機器。プログラム操作や不整脈のモニタリングも担当します。

保守点検電気メス

先端に電流を集中させた、切開・止血の2つの機能を持つメス。大きな電流を扱うため、使用前の点検が重要です。

“いのちを支えるエンジニア” 臨床工学技士をめざす [生体医工学科]

チーム医療の一員として
医療機器の操作・保守点検・管理を担う、
臨床工学技士をめざせる学科です。
工学と医療を学び、先進医療の現場に
対応できる力を身につけます。

魅力1最新の施設・設備医療現場さながらの環境を再現

人工心肺装置や人工呼吸器などの機器をそろえたオペ室やICU(集中治療室)などの実習施設は、国内でも有数の充実度です。
さらに、医療機器の仕組みを再現する工学実験機器が十分に整っているのも工業大学ならではです。

医療現場のレイアウトを再現した実習室(一例)

模擬透析室

模擬透析室

血液透析機器の操作はもちろん、患者さんへの接し方や透析中の血圧測定、容態急変時の対処なども学べるよう、ベッドやシミュレータを設置。血液透析の業務を、実践的に学ぶことができます。

模擬手術室

模擬手術室

手術で用いるさまざまな医療機器を、医療現場を想定して配置しています。手術前の医療機器の保守点検作業や、手術中の人工心肺装置の操作などをシミュレートすることができます。

設備のポイント

ブレーカーを落とさない
配線システム

通常のコンセントでは、壊れた機器をつないだり、電力を使いすぎた場合にブレーカーが落ちて、周辺の電源がまとめて使えなくなる可能性があります。生命維持装置を使う手術室やICUなどでは、ショートを防ぐ“絶縁トランス”を使った「非接地配線方式(フローティング電源)」を採用して、ブレーカーを落とさず、アラームで異常を表示することが義務づけられています。医療現場に即した演習のために、模擬手術室にも医療現場と同じ、この技術が使われています。

模擬集中治療室

模擬集中治療室

手術後の患者さんや、呼吸・循環・代謝などの機能が急に悪化した患者さんに治療を行う、集中治療室を再現。緊急性の高い「いのちの現場」での、生命維持管理装置の操作や管理を学びます。

設備のポイント

ホース・コード類をまとめて管理できる、
シーリングペンダント

緊急性の高い集中治療室では、無駄なくスムーズに治療が行えるよう、より安全で整理された環境が必要とされています。その環境づくりのために注目されているのが、シーリングペンダント。床面に広がり、転倒や事故のもとになる「電源」「酸素などの医療ガス」「通信ケーブル」といったホースやコード類を、天井から吊り下げた移動できるボックスで一元管理します。手術や治療に最適な位置へ移動させ、医療スタッフや機器の動線を確保することができます。

魅力2「生命学部棟」建設中!研究施設がさらに充実

生体医工学科では、多くの学生が学会で発表するなど、医療技術に関する研究が盛んです。新たな生命学部棟の建設により、ますます学生の研究環境が充実します。

「生命学部棟」完成予定図

魅力3就職実績高い国家試験合格率・就職率を実現

2016年4月、はじめての卒業生が社会で活躍をはじめました。広島県内の病院はもちろん、全国からの求人が集まっており、いのちを支えるエンジニアとして幅広く社会に貢献することができます。

平成28年 臨床工学技士 国家試験合格率“77.4%”、平成28年 生体医工学科 就職率“95.5%”